●2016.04.01 禁煙外来について
2016.07.13
当院では、平成23年3月より「ニコチン依存症」に対する禁煙治療(外来患者に対する
保険診療)を開始しました。
ご希望の方はご遠慮なく主治医又は担当看護師にご相談ください。
治療は、「禁煙治療のための標準手順書」に沿って、初回診療日から12週間にわたり計
5回行います。
治療費(診察料+薬代)は、処方される薬にもよりますが3割負担の方で20,000円
程度です。
なお、保険診療に当てはまらない方には、自費診療で対応いたします。
≪健康保険で禁煙治療を受けるには(※前回の治療の初回診療日から1年経過しているこ
と)≫
保険適用は、次の全てに該当するものであって、医師がニコチン依存症の管理が必要であ
ると認めた方になります。
(1)ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で「はい」が5個以上
(2)35歳以上の方については」、ブリンクマン指数「1日の喫煙本数×喫煙年数」が
   200以上
(3)直ちに禁煙を始めたいと思っている
(4)禁煙治療を受けることに文書で同意している

(2016年4月改訂による変更点)
※若年層(35歳未満)のニコチン依存症患者については、「1日の喫煙本数に喫煙年数
 を乗じた数が200以上」の要件を必要としない扱いとなった。
●2015.04.23 開設50周年について
2016.02.22
当院は、昭和40年4月に開設され今年おかげさまで50周年を迎えることができました。
この間、ご支援いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。
今後も「安心できる医療を提供し信頼され親しまれる病院」を目指して職員一同より一層努力
してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。
●2015.03.01 病床(病棟)変更について
2016.02.22
当院は、許可病床数53床(一般病床29床・療養病床24床)で運営しておりましたが、平成27年3月より許可病床数45床(療養病床45床)に変更することにいたしました。

療養病床(病棟)は主として長期にわたり療養の必要な患者様が入院する施設であり、急性期医療の後方病床の確保、在宅患者や介護老人保健施設入所者等の状態が軽度悪化した際の入院医療を提供できる病床を確保することにより、急性期医療を支えることを目的にしています。
湯布院地域の医療提供体制のなかで急性期医療と在宅療養との中間施設機能をする重要な役割を担っています。

【対象となる患者様】
ア 症状は安定しているが、長期の療養が必要な方
イ 急性期医療を担う病院の一般病棟での治療を終え、一定程度状態が安定した方
ウ 自宅・介護保険施設・居住系施設等で療養を継続している方で、軽微な発熱や下痢等の症状をきたし、入院が必要な方

- CafeNote -